SIPA生と家族の妊娠・出産

妻子帯同で留学しています。滞在中に妻がNYで出産するという体験をしまして、今後家族帯同で来られる方のために思いつくことを書いてみました。

【コロンビア大学提供の医療保険に加入しておくこと】

すでにHさんが書かれていることと一部重なりますが、留学生の家族の医療保険の入り方にはだいたい下記の3パターンあります。

  • 無保険で済ます(意外と多い)
  • 大学の医療保険に留学生本人と一緒に加入する
  • 海外旅行保険に加入する

もし留学期間中に米国で妊娠・出産を考えておられるのであれば、このうち②大学の医療保険に入ることをお勧めします。①では産婦人科にかかれませんし、③も妊娠出産をカバーしていない保険がほとんどなので、お勧めできません。逆に②大学の医療保険に入りますと、支払はほぼCopayといわれる入通院手数料のみで済みます。加入時に払い込む保険料が高いのがネックですが、それを加味しても、印象としては日本で出産するのと総額ほとんど変わらないか、治療内容によっては安くあがると思います。

【産科のシステムを知ること】

日本と医療制度が全く違うので、リスクと不安を減らすため、いくら勉強してもしすぎることはありません。基本的なことをいくつか書いてみると、

  • 妊娠中に定期的に通う病院(かかりつけ医)と、出産の際に入院する病院(分娩設備のある大病院)は違う。
  • かかりつけ医が決まると、出産の際に入院する病院も自動的に決まる。かかりつけ医は特定の大病院と契約していて、自分の患者の分娩はその大病院の設備を借りて行う。
  • 陣痛の際は、かかりつけ医に連絡したうえで、分娩予定の病院に自分で向かう。原則として救急車は使えない。
  • 無痛分娩が普及していて、当日希望すれば誰でもやってもらえる。
  • 出産後の入院はだいたい2日以内、帝王切開でも3日後には退院させられる。
  • 役所への出生証明書の申請は入院中に行う。ということはつまり、生まれてから2日以内に新生児の名前を決めておかないといけない。

ただ、最近はこの辺の情報は日本語でもあちこち見つかりますので、興味のある方はぜひリサーチしてみてください。

【わからないことは臆せず聞くこと】

いくら調べてもわからないことは出てきます。その際は、勇気を出して、先生に、受付に、保険会社に、そして周囲の友人にも、どんどん聞きましょう。特に、ご家族の英語力が十分でない場合は、あなただけが頼りです。公共政策を学びに来たんですから、病院のコミュニケーションくらいできるでしょう。TOEFL何点取ったんですかあなたは。というか、家族のサポートすらできずに公共政策の勉強だなんて、ちゃんちゃらおかしい。

【通訳は無料!】

と、言いつつ、慣れない医療用語と医療制度を耳で聞いて理解するというのはなかなか難しいものです。そんなあなたに朗報です。アメリカの保険会社や大病院はたいてい無料の通訳サービスを備えており、電話や面談の時に日本語通訳(Japanese interpreter)を要求すれば、病院側が通訳を手配してくれます。通訳費用はかかりません。もっとも、かかりつけ医は中小の病院が多いので通訳の用意までは期待できませんし、また通訳といっても日本語のようにマイナーな言語はたいてい電話通訳(クオリティも様々)なのですが、それでもゼロよりはだいぶましです。特に、一番キーになるのは出産前後なので、その時期に滞在する大病院でこういうサービスがあるのは大きな安心材料です。そこは、さすがアメリカ、ダイバーシティの国だなと思いました。慣れない土地での出産や育児は大変ですが、こういう、体験しないとわからないことを体験できるというのも、留学の醍醐味かもしれませんね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

広告
カテゴリー: ニューヨーク生活 | コメントをどうぞ

NYC Summer Guide: May

13051507_1114421031914136_2071704971924275895_nFinals are over and my favorite season in NY has begun: summer! Summer in NYC means free concerts, free festivals, and free entertainment. The season kicks off with Fleet Week when thousands of recently deployed sailors, marines, and coast guards visit the city for a week at the end of May. The week-long celebration is punctuated by numerous opportunities for New York residents to meet and interact with these soldiers. You can also tour the military ships for free at docks in Manhattan, Staten Island, and Brooklyn. This year, the end of Fleet Week overlaps with Memorial Day weekend which marks the beginning of summer for many New Yorkers. Officially, this weekend is supposed to be about honoring soldiers who died while serving the country at the Memorial Day Parade. Unofficially, many people take advantage of the numerous events organized during this time long weekend to party and celebrate. People with money or connections spend the weekend in the Hamptons—an affluent town outside of NYC—at exclusive parties. Those of us who are not into the Hampton party scene, take advantage of the huge department sales, free fairs, and open beaches during this weekend. As a Brooklyn native, I’m particularly fond of stuffing myself full of BBQ and funnel cake at the Kings County Fair but there is not a shortage of fun activities to partake in at the end of May in NYC. And the amount of events in June just ups the ante…

NYC Summer Guide Series is written by a 1st year SIPA student and New York native. 

カテゴリー: ニューヨーク生活 | コメントをどうぞ

アメリカにおけるインターンシップの獲得について

SIPAのMIA/MPAコースでは勤続年数が四年以下の場合インターンが必修となっています。勤続年数が四年以上の場合でもインターンをする学生が多いです。SIPAはニューヨークに位置しているため、その立地をいかしてニューヨークでインターンをする学生もいますが、夏の間はSIPAの学生は世界中あらゆる場所に飛ぶことが普通です。日本人は、日本の企業でインターンをしたり、国際機関でインターンをしたり、アメリカの企業・団体でインターンをする人が多いです。 日本の企業でインターンをする場合は、SIPAに行っていれば比較的容易にインターンのオファーを獲得できると思いますが、国際機関やアメリカの企業・団体でのインターン獲得は多くの日本人学生にとって容易ではなく、皆秋学期から夏のインターン獲得に向けて動き出し、試行錯誤のうえインターンを獲得する(必ずしもできるわけではないのですが…)ことになります。 私はアメリカ (D.C.) でインターンを獲得したため、そのインターン獲得の過程について書きたいと思います。

【前提①】
通常はアメリカでのインターンの獲得はアメリカ国籍を持っているor合法的にインターンシップができるビザをもっている(F-1ビザなど)のいずれかを満たさない限り、とても難しいです。もし皆さんがSIPAに留学した場合、学生ビザが必ず手に入るので、ビザのことは気にしなくて大丈夫です。学生としてアメリカにいることのメリットは、アメリカでのインターンがしやすいことにもあると思います。

【前提②】
もしビザをもっていたとしても、ノンネイティブがインターンを獲得することは本当に難しいなと感じます。たとえ帰国子女で英語がぺらぺらだとしても、レジュメ上では英語力の判断が難しいため、名前で落とされる(名前がアメリカ人っぽくないために英語力を疑われ落とされる)ということも存在すると思います。International studentsの中には、オンラインからアプライしただけでインターンを獲得できたという人もいますが、私はそこまでの英語力・スキル・経験を持ち合わせていないと思ったので(私は純ジャパです)、オンラインでアプライするのみで他は何もしないのはリスクが大きすぎると思っていました。

【前提③】
インターンシップの獲得への道は、基本的には長く根気がいる作業です(もちろん例外もあります)。本当にやりたいインターンを獲得したい場合、動き始めてからインターンを獲得するまで、3か月~6か月くらいかかると思いました。ただ、どこでもいいという場合は、案外あっさり見つかると思います。特に、日本語が必要なインターンなら簡単に見つかるのではと感じます。または、周りにいる人がコネをもっている企業にインターンをするとかもあります。

【インターンしたい企業のリサーチ】
もう、ここでインターンしたい!という企業が決まっている人は問題ないですが、志望業界だけ決まっていたり、とりあえずアメリカでインターンしたいと思っているだけだったり、という人にとっては、まずインターンしたい企業のリサ―チが重要になります。ちなみにこのリサーチ、結構時間かかりました。リサーチの方法は、日本での探し方とそこまで変わらず、ぐぐる、企業がまとめられているサイトでフィルタリングなどを用いて検索をかける、関心のある分野のニュース・レポート・論文・ネットワークで言及されている企業をみてみる、その道のプロフェッショナルに聞く、などです。詳細は割愛。 また、このときに、エクセルなどを用いて、関心のある企業をとりあえずまとめるといいです。アプライするかどうかに関わらず、とりあえずリストを作るということです。私は、「企業名」「志望度(1~3)」「所在地」「applicationのdeadline」「コンタクト先(社員の名前とメールアドレス)」「URL」等に関してまとめていました。

【コネ作り概要】
日本に比べ、アメリカの就職活動は、コネがものすごく重要です。コネがないと、インタビューを受けることすら難しいのが現実だと思います。特に日本人にとっては。ただ、日本で育った私は、アメリカでのコネがなかった。なので、ニューヨークに来てから、コネ作りを始めました。コネを作る方法は如何様にもあって、私の場合は、①Informational Interview、②学校の先生・友人・career center、③日本人コミュニティを使いました。ここでは、特にコツが必要な①Informational Interviewに関してのみ、少し説明してみます。 【コネ作り – Informational Interview】 Informational Interviewは、OB訪問のようなもので、志望する会社で働いている方にお話を伺うことを指します。なぜこのInformational Interviewが重要かというと、Informational Interviewを行うことで、インタビューに呼ばれる確率を上げることができるからです。つまり、Informational Interviewを行い、もしその社員さんに気に入っていただけたら、「アプライするときは教えてね。人事の人に口利きしておくわ」と言ってもらえることがあるのです。これは日本の就活でもあると思うのですが、その重要性が、アメリカのほうが断然高いと思っています。とりわけアメリカ人でない場合は、この裏での口利きが大変重要です。私は計30人以上にinformational interviewを行いました。 では、どうやってInformational Interviewを行うかというと、①直接メール・LinkedIn・facebookなどで連絡を取る、②知人・友人などから紹介してもらう、という手があります。私は両方行ったのですが、もちろん②のほうが返信をもらえる確率は高いです。ただ、①も3~5割くらいの方は返信してくれて(あくまで私の場合ですが)、かつそういう方は心優しい方が多いので、Informational Interviewを気持ちよく行うことができました。メールの仕方とか、色々コツがあるのですが、長くなりすぎるのでとりあえず割愛します。 Informational Interviewの際には、もちろん先に質問を用意しておきましょう。もしどのような質問をすればいいかわからない場合は「informational Interview questions」などとぐぐれば色々でてきますし、会社のHPを見れば、疑問に思うことも色々あると思うので、そうして質問を作ってみてください。そして、サマーインターンシップに興味がある旨を伝えることも大事です。実は公表はされていないけれど、人材を求めていることもあり、その場合は、他の候補者がいない中で選考を進めることもできます。

【アプリケーション】
実際に、アプリケーションがオープンnになったら、応募をします。この際に、出すものは、最低限Resume とcover letterで、さらに場合によってはwriting sample, transcriptなどを求められることもあります。ちなみに、Resumeを提出してください、とだけ書いてある場合でも、絶対にcover letterも一緒に提出するべきです。Resume, cover letterの書き方なども色々あるのですが、さらに長くなるので割愛。きっとこの辺はググればたくさん情報が出てきます。

【インタビュー】
インタビューは電話・スカイプ・直接など色々方法があります。インタビューの際には、私は想定問答集を作って答える練習をしました。ちなみに、電話やスカイプインタビューではカンニングしながら答えることができます。質問内容は日本でのインタビューとそこまで変わらないですし、Interview questionsなどとぐぐればたくさん基本的な質問が出てくるので、是非見てみてください。

これでも伝えきれてない小さなコツなどがたくさんあるし、まったく完璧な情報ではないのですが、アメリカインターンシップの裏の部分(ネットなどで情報を集めにくい部分)に関してはお話ができたかなと思ってます。 インターン獲得のための過程で学ぶこともたくさんあります。もしSIPAに入学した際には是非、インターン獲得にトライしてみてください!

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

家族でSIPA生活

はじめまして。MPA, Class of 2017のHです。私は夫と子供(入学当時、生後3か月)を帯同しての学生生活を送っています。早くも1年目が終わろうとしていますが、子育てと学業を同時進行でやっていると、それはそれはいろいろありましたよ。子供の成長に伴って生じる様々なニーズ、不安、疑問、そして喜びが。お伝えしたいことは山ほどありますが、まずは、ご家族(特にお子さん)を連れての進学をお考えの方に、ニューヨーク、コロンビア、SIPAの良いところ、悪いところを私なりにお伝えしたいと思います。

◎ニューヨークと子育て

日本人が多い

日本人がたくさんいる、という点は大きな安心材料です。日本人ドクターもたくさんいるので、事前に把握しておけばいざという時に安心です。若い日本人もたくさんいるので、日本人ベビーシッターさんも比較的見つけやすいと思います(決して簡単には見つかりませんが・・・)。日本食材も簡単に手に入ります。日本人のママ友、パパ友もすぐに見つかるので、帯同してきた配偶者の方が孤独に苛まれるということも少ないと思います。

周辺環境は素晴らしい。ただし、冬を除く。

周辺環境も素晴らしいと思います。大都会にもかかわらず、徒歩圏内にセントラルパークなどの大規模な公園がたくさんあり、子供が歩くようになって芝生を走り回る日を楽しみにしています。街の人たちも概して子供に対して寛容で、地下鉄で子供が泣いていると見ず知らずのおじさまが遊んでくれた、ということもしばしば。ただ、冬になると状況は一変します。厳しい寒さで、文字通り子供を「一歩も」外に出せない日が何日もありました。「東海岸の冬の子育てはつらいよ」と噂には聞いていましたが、本当にその通り。甘く見ない方が良いです。幸い我が家の子供は、まだあまり動き回れない月齢だったため、基本は自宅で過ごし、週に一度くらいは屋内ジムへ行って憂さ晴らしをすることてやり過ごしました。

最大の難関は・・・お金?!

NYでの大きな問題が、とにかくお金がかかる、ということです。まず家賃。家族連れだとアパートの部屋をシェアするというわけにもいきませんよね。コロンビアがあるUpper West Sideでドアマンがいる建物の1 Bedroomを借りたときの相場は月$3,964大学のハウジングに入れたとしても1 Bedroomの平均が月$1,740です。子供を保育園に預けるとしたら、1歳児フルタイムで$2200くらいが相場、という印象です。物価も高く、資金に余裕がないと、華やかなニューヨーク・ライフ・・・ではなく、お財布と相談しながらつつましい生活を送ることになります(それはそれで楽しいですが)。

◎コロンビアと子育て

学校・保育所探しはOffice of Work/Lifeに相談

保育園に預けたいけれど、何から手を付けたら良いかわからない!そんな時に相談にのってくれる担当者がコロンビア大学にはいます。マンハッタンの保育所事情は日本の都心部と同じく激戦区です。家や学校からの距離、環境、食事、料金、保育時間、全てそろった施設に都合よく空きを見つけるのは至難の業です。Office of Work/Lifeの担当者は、見学のときのポイント、申し込み方法、自分のニーズに合いそうな近隣施設などを教えてくれますし、必要であれば紹介のレターも書いてくれます。コロンビア大学内に保育所はありませんが、周囲に提携保育施設があり、コロンビア大学関係者を優先して入所させてくれます(一覧参照)。保育所だけでなく、学校やナニー探しについても、相談に乗り、力強い味方になってくれます。

コロンビアというコミュニティ

大学周辺のMorningside Heightsと呼ばれる地域には教授陣、研究者、職員、学生などの多数のコロンビア関係者が住んでいます。公園や屋内ジムで子供と遊んでいるときに、近くにいるお父さん、お母さんに話しかけると、たいていコロンビア関係者です。また、Columbia Family Support Networkという団体がコロンビア関係者の子供向けにイベントを開催してくれたりもします。コロンビアコミュニティに属しているというだけで、お互いに安心感が芽生えて会話が弾みます。お互いに子供がいなければ決して出会わなかったであろう、全く公共政策とは関係のない分野の研究者の方と出会ったりもします。教授や学生などの直接の関係者だけでなく、その家族も含めて強いコミュニティがあるというのは、大規模で歴史あるコロンビア大学ならでは、という気がします。

大学の医療保険に配偶者、子供も入れる

学生が加入させられる医療保険に、学生の配偶者と子供も加入することができます。これに加入すると、体調を崩したときに、大人なら大学内の診療所に予約なしで受診することができます。大学内診療所には小児科医がいないため、子供が受診したい場合には小児科医の紹介を受けます。いずれにしても、窓口負担は保険でカバーされないもののみとなります。また、乳幼児健診、予防接種などにも保険が適用されます。一方、もう一つの選択肢、海外旅行保険を使うと、乳幼児健診や予防接種が完全自己負担になるほか、キャッシュレスサービスを利用するには事前に電話をして、医療機関の紹介を受ける必要があります。保険期間や子供の年齢によっては海外旅行保険に加入できない場合もあります。ただし、保険料は大学の保険に比べて格安です。お子さんの年齢、病気に罹る頻度に応じて、ご検討ください。

 

◎SIPAと子育て

子育てをしている学生は圧倒的に少数派

SIPAのMIA/MPAの学生の平均年齢は26歳 で、3年程度の就業経験をもつ若い人が多いです。正確な数はわかりませんが、個人的には、子育て中の学生は全体の5%くらい?という印象です。子育てをしていない大勢の学生と同じように授業に出て、課題をこなさなければならないのはもちろん大変ですが、一方、MIA/MPAのカリキュラムはかなりフレキシブルなので、時間制約があっても2年間で卒業に必要な単位を取得することは十分可能だと思います。また、子供を持つ学生が少ないだけに珍しがられますし、初対面の同級生にも子供がいることを話すだけで一気に場が和みます。仲良くなったチームメンバーとのミーティングに子供を連れて行ったりすることで、話が盛り上がることもあります。「子供をだしに使って・・・」・・・え?まぁ、それはそうですが・・・

◎まとめ

家族を連れて大学院で学ぶことがうまくいくかどうか。それは、学生本人の知識・スキルの向上だけでなく、家族の健康・幸せとも密接に関連していると思います。家族の健康・幸せのためには配偶者とのパートナーシップや家庭内での努力も大切ですが、家庭外のコミュニティーとのつながりもとても大切です。このことは子供が生まれて、さらに日本を離れて、強く実感しました。ニューヨークに来てからは、コロンビア関係者のコミュニティ、ニューヨークの日本人コミュニティ、同じ建物の住民のコミュニティ、SIPAコミュニティと、重層的なたくさんの輪の中で、家族ぐるみのつながりがたくさん生まれました。ありがたいことに、そのようなつながりが私の留学生活をより一層、充実したものにしてくれていることは間違いありません。いくつかChallengingな点も書きましたが、ご家族揃っての留学生活が、実りあるものとなりますように。次はもう少し、日常の授業・生活に踏み込んで書きたいと思います。

カテゴリー: ニューヨーク生活 | コメントをどうぞ

SIPA紹介動画(非公式)

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

コロンビア大学紹介動画(公式)

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

Event – Culinary Fair

こんにちは。
今回は各国・地域のstudent groupが共同でオーガナイズしたイベントについてお話したい思います。

SIPAにはJASSAを含め、様々な国と地域のstudent groupが存在します。今回はラテンアメリカのgroup, LASA の音頭でCulinary Fair、要するに色んな地域の食事を食べようというイベントを学校のカフェスペースを利用し開催しました。各国の食事が提供されるだけでなくゲームやダンスが催され、とても盛り上がりました!

JASSAは今回たこ焼きを提供しました。あまり海外でたこ焼きは知られていないので、珍しがられましたが皆美味しく食べてくれて、各国が様々な料理を提供するなか、唯一完売の商品となりました!あるインド人の学生はタコを人生で初めて食べたそうで、”I ate octopus!! I just ate octopus!!”と興奮していました。

JASSAはblind food contest、目隠しをして各国の食べ物を食べてもらい食べ物の名前か地域をあててもらうゲームをホストしました。Guacamole(アボガドディップ)を”Indina Curry!”と答える回答者がいたり・・目隠しするとわからないものですね!ちなみに日本からは納豆が出場しました。

Middle East はhumms makingコンテストをホストし、10分以内にどのチームが一番美味しいhummsを作れるかを競いました。これが想像以上の盛り上がりで塩やミキサーの取り合い騒ぎ!3チームともとても美味しいフムスを作っていたのでjudgeも驚くほど真剣に点数をつけて勝者を決めていました。

また、今回は2016年4月に各地で起きた震災のためのdonation等の活動も行われました。

被災された皆様に1日も早く平穏な日が訪れますよう、心よりお見舞い申し上げます。

カテゴリー: イベント, 学生団体 | タグ: , , , | コメントをどうぞ